GETTY

Photo: GETTY

ジェイ・Zは、21サヴェージが先日、米国移民税関捜査局から逮捕された件について「完全なる茶番」だと述べている。

本名をシャヤ・ビン・アブラハム・ヨセフという21サヴェージは、現地時間2月3日アトランタで米国移民税関捜査局に逮捕・拘束されており、米国移民税関捜査局は21サヴェージについてイギリス国籍であり、「アメリカ合衆国に不法滞在している」と主張している。21サヴェージの弁護人は21サヴェージがロンドン生まれであることを認めており、7歳の時に両親とアメリカへ移住したために法的にはイギリス国籍が2006年7月に失効となっており、「21サヴェージに一切の責任はない」と釈明しているという。

21サヴェージはまた弁護人を通じて2017年に新しいビザを申請したと主張しており、弁護団は「21サヴェージを法的に解放するため出来うることをすべてやり、移民裁判で救済する方法を探る」と話している。

数多くのアーティストが21サヴェージを援護しており、、カーディ・B、プシャ・T、オフセットらが彼の釈放を求めているという。ジェイ・Zは今回21サヴェージに支援を申し出ているといい、逮捕について「完全なる茶番」だと述べている。

「21サヴェージの逮捕と拘留は完全なる茶番だね。彼のビザ申請は4年間も放置されていたわけだろ」とジェイ・Zは現地時間2月6日に自身が代表を務める会社であるロック・ネイションから発表した声明の中で語っている。「しかも、成功しているアーティストなんだ、21サヴェージは一刻も早く子供たちと再会させてもらうべきだね。21サヴェージを解放してくれ」

声明に加え、ジェイ・Zとロック・ネイションは21サヴェージを援助するため弁護人のアレックス・スピロを雇ったと報じられている。

ジョージア州議会議員のハンク・ジョンソンもまた、公式に21サヴェージを支援することを発表しており、21サヴェージの件を担当している移民裁判官に熱のこもった文書を送ったという。

「21サヴェージは優秀な若者です」とハンク・ジョンソンは述べている。「彼は我が国に貢献しており、恩返しの人生を歩んでいます。今回のことで、もし21サヴェージが拘留から解放されるための保釈が認められなければ、彼の家族が窮地に立たされ、私たちのコミュニティにとって損失となるでしょう」

「彼はずば抜けた人物であり、家族にも、そしてアトランタにも影響力を持っています」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ