Neil Krug/Press

Photo: Neil Krug/Press

ケイジ・ジ・エレファントはニュー・アルバム『ソーシャル・キューズ』のリリースを発表して、アルバムからの最初の楽曲となる“Ready To Let Go”のミュージック・ビデオが公開されている。

フローレンス・アンド・ザ・マシーンやサンティゴールドらを手がけたジョン・ヒルがプロデュースを手がける『ソーシャル・キューズ』は、4月19日にコロムビア・レコードよりリリースされる。本作はグラミー賞の最優秀ロック・アルバム賞を受賞した2015年の『テル・ミー・アイム・プリティ』に続くアルバムとなっている。

“Ready To Let Go”のミュージック・ビデオはフロントマンのマット・シュルツが監督を務めており、彼はその中で血のように赤いボディースーツに身を包んでいるほか、血の涙が彼の頬に流れ落ちしているというシーンも存在している。

“Ready To Let Go”のミュージック・ビデオはこちらから。

『ソーシャル・キューズ』のトラックリストは以下の通り。

‘Broken Boy’
‘Social Cues’
‘Black Madonna’
‘Night Running’
‘Skin And Bones’
‘Ready To Let Go’
‘House Of Glass’
‘Love’s The Only Way’
‘The War Is Over’
‘Dance Dance’
‘What I’m Becoming’
‘Tokyo Smoke’
‘Goodbye’

ケイジ・ジ・エレファントは昨年、新作の制作が完了していることを認めており、次のようにツイートしている。「レコーディング完了。ミックスも。マスタリングも」

ケイジ・ジ・エレファントは前作から本作をリリースするまでの間にライヴ・アルバム『アンピールド』を2017年にリリースしている。本作にはロサンゼルスやワシントンDC、ノックスヴィル、ナッシュヴィルで行われた小規模な会場のライヴにて収録された過去曲のアコースティック・バージョンやカヴァー曲が収録されている。

『アンピールド』にはダフト・パンクとジュリアン・カサブランカスによる“Instant Crush”のカヴァーも収録されている。また、ケイジ・ジ・エレファントはアコースティック・ギターやストリングス隊と共に“Instant Crush”を披露するライヴ映像も公開されている。

ケイジ・ジ・エレファントは現地時間5月4日にアトランタで開催されるシェイキー・ニーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務める予定となっている。UK公演の日程は現時点で発表されていない。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ