GETTY

Photo: GETTY

テーム・インパラのケヴィン・パーカーとセオフィラス・ロンドンは最新のコラボレーションとなる”Whiplash”のフル音源が公開されている。

”Whiplash”は2016年、ライヴでのパフォーマンスを録音したものがオンラインにアップされたことでその存在が知られていた。昨年10月、セオフィラス・ロンドンは「Beats 1」のヴァージル・アブローの番組「テレヴィジッド・ラジオ」に出演した際に”Whiplash”の別バージョンを演奏している。

公開された”Whiplash”の音源はこちらから。

”Whiplash”はセオフィラス・ロンドンとケヴィン・パーカーが一緒に仕事をしたはじめてのコラボレーション曲ではない。昨年、彼らはスティーヴ・モニットの1984年発表の”Only You”のカヴァーをリリースしている。

一方、ケヴィン・パーカーは先日テーム・インパラの次回作についても語っている。ケヴィン・パーカーは新作に厳密な締め切りを設けていないことを明かしており、次のように語っている。「今作っているアルバムを20年後に聴いた時に、締め切りだったり、何らかの理由に間に合わせるために作ったものだとは思いたくないんだ。完成すべき時に完成したものであってほしいというね」

「期待されることは嬉しいよ……自分の音楽を楽しみにしてくれている人たちから支えられるようなアーティストに僕はなりたいんだ。これは僕の中にいるガガの言葉だね」」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ