PRESS

Photo: PRESS

ピート・ドハーティは新バンドとなるピーター・ドハーティ&ザ・プータ・マドレスを公開し、デビュー・アルバムの詳細が発表されている。

新作については「愛や喪失、さまようことの途轍もなく私的なポートレート」と評されており、昨年夏の連続した4日間にフランスの漁村でレコーディングされたという。

4月26日にリリースされるデビュー・アルバムは、ここ18ヶ月にわたってライヴで試されてきた様々な楽曲から選ばれたもので、ガレージ・ロックのルーツに立ち返る内容になっているという。

アルバムからの最初の楽曲としてアップビートな“Who’s Been Having You Over”が公開されている。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

All At Sea
Who’s Been Having You Over
Paradise Is Under Your Nose
Narcissistic Teen Makes First XI
Someone Else To Be
The Steam
Travelling Tinker
Lamentable Ballad of Gascony Avenue
A Fool There Was
Shoreleave
Punk Buck Bonafide

来月、ピーター・ドハーティ&ザ・プータ・マドレスは初のUKツアーに乗り出す予定で、バンド・メンバーはピート・ドハーティの他、ミグルス(ベース)、ミキ・ビーヴィス(ヴァイオリン)、ケイティア・デヴィダス(キーボード)、ジャック・ジョーンズ(リード・ギター)、ラファ(ドラム)という面々となっている。

新曲がリリースされるのに先立って、ピート・ドハーティは新しい音楽が世に出るのを予告していた。

インスタグラムの投稿でピート・ドハーティはDIYなスタジオの設備でバンドと共に演奏する映像を公開していた。ゆっくりとした気だるくサイケデリックなサウンドを鳴らす映像は、“Who’s Been Having You Over”のイントロだったことが明らかになっている。

一方、ザ・リバティーンズはは現在、ニュー・アルバムのレコーディング・セッションのためにマーゲイトにある「ジ・アルビオン・ルームス」と題されたホテル兼スタジオをオープンさせようとしている。

カール・バラーは2015年発表の『リバティーンズ再臨』に続くニュー・アルバムについて「たくさんのアイディアがある」と語っている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ