PRESS

Photo: PRESS

アリアナ・グランデは自身の“Thank U, Next”に代わって“Without Me”で全米シングル・チャートの首位に立ったホールジーを祝福している。

ザ・チェインスモーカーズとの“Closer”でも全米シングル・チャートの首位を獲得していたホールジーは今回、“Without Me”でリード・アーティストとしては初めて全米シングル・チャートの首位を獲得している。

ホールジーの“Without Me”は通算7週にわたって首位を獲得していたアリアナ・グランデの“Thank U, Next”に代わって首位の座を獲得することとなっている。ホールジーに首位の座を明け渡すこととなったアリアナ・グランデだが、インスタグラムのストーリーでホールジーに賛辞を送っている。

「やっちゃって、ホールジー」とアリアナ・グランデはインスタグラムのストーリーに投稿している。「2019年はずっと女性がトップをとるのよ」

ホールジーはアリアナ・グランデの投稿に反応を示しており、インスタグラムのストーリーに彼女の投稿のスクリーンショットを投稿して次のように綴っている。「愛してるわ、ベイビー。強い意志と思いやりを持ったダイナミックな女性たちが2019年を席巻するのよ」

アリアナ・グランデとホールジーのやり取りを収めたスクリーンショットはこちらから。

また、ホールジーはリード・アーティストとして初めて全米シングル・チャートの首位を獲得したことについてインスタグラムにその興奮を綴っている。

全米シングル・チャートのランキングを写したスクリーンショットと共に、ホールジーは次のように綴っている。「『ビルボード』で1位よ。信じられない。本当にビックリだし、頭が混乱してるけど、ものすごく嬉しい。とても孤独な場所で生まれたこの曲が、人生の中で最も愛情やサポートを受けている瞬間の一つに私を導いてくれたの」

「この結果を今はきちんと受け止めることができないけど、きちんと説得力のあることを言えるようになった時にまたみんなに伝えるわ。今は頭の中で感情が洗濯機の中みたいに回っているの。それもすごく早い回転でね。みんなを愛しているわ」

“Without Me”のミュージック・ビデオはこちらから。

アリアナ・グランデの“Thank You, Next”は順位を2位に下げている。

1月12日付けの全米シングル・チャートの3位には、ポスト・マローンとレイ・シュリマーのスウェイ・リーによる“Sunflower”がランクインしているほか、トラヴィス・スコットの“Sicko Mode”とパニック!アット・ザ・ディスコの“High Hopes”がそれぞれ4位と5位にランクインしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ