GETTY

Photo: GETTY

アリアナ・グランデはツイッターでオンライン上での男性同士の口論に言及したことについてカニエ・ウェストに謝罪している。

カニエ・ウェストは先日、一連のツイートの中でドレイクやトラヴィス・スコットを批判しており、その中でメンタルヘルスの問題にも言及している。

カニエ・ウェストはドレイクが自身の“Say What’s Real”をサンプリングする許可を求めてきたことをきっかけに、ツイッターで彼を批判する一連の文章を投稿している。

カニエ・ウェストはドレイクがフレンチ・モンタナとの“No Stylist”で自身のスニーカーである「イージー・ブースト350」への批判とも取れるラップをしたことや、トラヴィス・スコットとの“Sicko Mode”で自身を「さりげなくディスっている」ことに対して彼を批判している。

カニエ・ウェストはその後、ドレイクに対して「メンタルヘルスの問題を抱えている人々への敬意を欠いている」と批判している。

カニエ・ウェストは一連のツイートの中でアリアナ・グランデのツイートにも言及している。アリアナ・グランデは先日、新曲“Imagine”のリリースに先駆けて次のようにツイートしていた。「みんな、大の男が今オンライン上で口論しているのは知っているけど、マイリー(・サイラス)と私が今夜素敵な新曲をリリースするわ。だから私たちに光が当たるように、数時間だけお行儀よくしてもらえたらすごく嬉しい」とアリアナ・グランデは現在は削除されている投稿の中でツイートしている。

カニエ・ウェストはアリアナ・グランデのツイートのスクリーンショットを投稿して、キャプションに次のように綴っている。「アリアナがクールだと思ってこう言ったっていうのは分かるし、傷つけるつもりはなかったんだろうけど、俺を愛して尊敬している人からは誰一人として少しの批判も受けたくないんだ」

カニエ・ウェストは続けて、現在は削除されているツイートの中で次のように述べている。「こういうあらゆる馬鹿げたことがメンタルヘルスに重くのしかかるんだ。アリアナ、俺が君への愛を持っているのは知っているだろうけど、全員の調子がいいことを確認するまでは僕やこういう瞬間を楽曲のプロモーションに使うのはやめてくれ」

今回、アリアナ・グランデはカニエ・ウェストのツイートを受けて自身のコメントを釈明して彼に謝罪している。「あらゆる敬意を込めて言うけど、私がプロモーションのために誰かを利用することはないわ。以上」とアリアナ・グランデは現在は削除されているツイートで述べている。「私はあの時、女性とは対照的に男性が何をしているかについてコメントしたの。ジョークのつもりだったんだけど、今となっては無神経だったと思ってる」

一方、カニエ・ウェストは先日、ツイッターでボブ・ディランにコラボレーションへの呼びかけと受け取れるメッセージを送っている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ