GETTY

Photo: GETTY

ノース・シールズにあるカラーコーツ・クレセント・クラブの店主は、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの公演を開催するためにラインダンスのイベントをキャンセルすることになったと明かしている。

デーモン・アルバーン、ザ・クラッシュのポール・シムノン、ザ・ヴァーヴのサイモン・トング、ドラマーのトニー・アレンからなるスーパーグループであるザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンは、来週イングランドとスコットランドの小規模な会場を回るツアーを控えており、11月27日と28日にはカラーコーツ・クレセント・クラブで2公演を行う予定となっている。

ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの公演は、220人を収容するカラーコーツ・クレセント・クラブにとっては比較的珍しいイベントとなっている。カラーコーツ・クレセント・クラブでは定期的にトリビュート・アクトによるイベントが催されており、今後数ヶ月の間にはジョニー・キャッシュやコールドプレイのトリビュート・ライヴが開催される予定となっている。

カラーコーツ・クレセント・クラブの店主を務めるバーナデッド・ラザフォールドは今回、ニュース・サイト「クロニクル・ライヴ」に次のように語っている。「通常では、火曜日の夜はラインダンスのイベントが催されています。しかしながら、(ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの)ギグが開催されることを知った出演者たちは 喜んで日程を譲ってくれました」

バーナデッド・ラザフォールドは次のように続けている。「これは、他では味わえないような近さやパーソナルな距離感を味わえる絶好の機会なのです。O2アカデミーのような大きな会場では得られないものを地元の方々に提供することができるでしょう」

バーナデッド・ラザフォールドはまた、バンドの最新作『メリー・ランド』をクラブでも流しているとして、「全員に気に入られる」ような音楽ではないものの、ほとんどの常連客が「気に入っている」と語っている。「私が曲をかけると、お客さんたちが歌ってくれるのです」と彼女は続けている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ