GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストの妻であるキム・カーダシアンはカニエ・ウェストがドナルド・トランプ大統領を支持していることについて口を開き、カニエ・ウェストはトランプ大統領の政治についてすべてを把握しているわけではないと語っている。

キム・カーダシアンは『ヴァラエティ』誌、米『ローリング・ストーン』誌共同主催の刑事司法改革サミットに参加した際、カニエ・ウェストはドナルド・トランプ大統領のカリスマ性に惚れているのだと説明している。

「彼(カニエ)はすごく政治的ってわけでもないの、実際はね。ただドナルド・トランプの人となりを好きになっただけなのよ、政治については知らないのよ」とキム・カーダシアンはCNNのヴァン・ジョーンズに語っている。「だから、最近彼を諭したの」

キム・カーダシアンはまた、自身とカニエ・ウェストが「非常に似た政治的見解」を持っているものの、カニエについて「コミュニケーションが非常に下手」であると明かしている。

「彼は好きなものを好きでいられる権利のために闘っているのよ。たとえ、それがみんなの好みと違っていてもね」とキム・カーダシアンは話している。

キム・カーダシアンはまた、カニエがネット上で「政治から距離を置く」と宣言した件についても触れている。

「彼は『オーケー、移民問題について何が起こっているか分かってる、これも分かってる、あれも分かってる』とは決して言ってない。もし彼が本当に知っているなら、すごく同情するはずよ。彼はそこについても支持するなんて言ってないわ」とキム・カーダシアンは語っている。

「みんなを混乱させているのは分かるわ。赤い帽子をかぶっている人がいたらトランプを支持していると見なすだろうし。でも、彼はただ自由な意志と、誰かを好きになる自由のために闘っているだけなの。それが多数意見でなくてもね」

一方、先日カニエ・ウェストの新作『ヤンディー』のリリースが延期されることが明らかになっている。このアルバムは本来9月のリリースが予定されていた。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ