GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトが先月、自身の故郷であるテネシー州において民主党の候補に投票するようファンに呼びかけたことについてケイティ・ペリーが賛辞を送っている。

数年にわたる確執を経て、先日和解した両者だが、お互い長きにわたってよくない印象を持っていたことで知られ、テイラー・スウィフトの“Bad Blood”はケイティ・ペリーについて書いた曲だと見られている。今年5月、ケイティ・ペリーは「誤解を解く」ために和解している。

テイラー・スウィフトはインスタグラムへの長文の投稿で次のように述べていた。「これまで私は自分の政治的意見について公の場で口にすることをためらってきました。けれど、ここ2年間の間に私の人生や世界で起きたいくつかの出来事を受けて、今は非常に違った心境なのです」この投稿を行った日には新たに65000人の有権者登録があったという。

10月18日にロサンゼルスで開催された米国エイズ研究財団のガラに出席したケイティ・ペリーは『ヴァラエティ』誌に対して政治的意見を表明したテイラー・スウィフトの決断に対して賛辞を送っている。

「彼女は素晴らしい見本となったわよね」とケイティ・ペリーは語っている。ケイティ・ペリーもかつて2016年の大統領選挙の際に政治的意見を表明し、ヒラリー・クリントンを後押ししていた。

テイラー・スウィフトはインスタグラムのストリーの中で「投票した」というステッカーを顔に貼ったセルフィを投稿しており、同じく「投票した」というステッカーを顔に貼ったファンの写真をシェアしている。

テイラー・スウィフトは先日、アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞したアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式でもアメリカ中間選挙への投票をファンに呼びかけている。

「この賞も、そして、今夜贈られたすべての賞が投票によるものなのよね。そして、他にもみんなが投票するもの、わかるわよね?」とテイラー・スウィフトはロサンゼルスで行われた授賞式の場で語っている。「それは11月6日の中間選挙よ。外へ出て投票して。みんな愛しているわ」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ