GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは新作『Yandhi』について初めて取材を受け、シックスナインやエックスエックスエックステンタシオンらが新作に参加していることを示唆している。

2013年にリリースされた『イーザス』の続編とされる『Yandhi』は9月29日にリリースされる。

カニエ・ウェストは今回、『Yandhi』からの最初の予告映像を公開している。予告映像では、先日カニエ・ウェストのインスタグラムのストーリーに投稿した映像にも登場した楽曲を、彼がファルセットで歌い上げ、それに様々なエフェクトが施された音源を聴くことができる。

カニエ・ウェストは現地時間9月27日に『フェーダー』誌のオフィスを訪れており、同誌によれば彼は『Yandhi』にシックスナインやエックスエックスエックステンタシオンが参加していることを認めているという。また、カニエ・ウェストは複数の曲にタイ・ダラー・サインが参加しているほか、ヴォーカルを入れてもらうためにリアーナに曲を送ったとも語っている。

その後、『フェーダー』誌のオフィスでカニエ・ウェストが新曲を流している様子を収めた映像がツイッターに投稿されており、彼はそのうちの1曲で「奴隷の名をやめる」ことについてラップしている。カニエ・ウェストは自身の子供にも言及しており、次のようにラップしている。「(息子である)セイント、君には苗字なんて必要ないんだ/(娘である)ノース、君も苗字なんか必要ないんだよ」

『Yandhi』のリリースを明日に控え、本日リル・ウェインは待望の新作『カーターV』をリリースしているが、カニエ・ウェストは自身の新作についてリル・ウェインの新作に次いでチャートの2位に入ることになるだろうとツイートしている。

「俺たちは『Yandhi』を土曜日の夜にリリースするんだ」と彼は述べている。「兄弟であるリル・ウェインに次いで2位にランクインすることは分かってるからね、そうなったら嬉しいよ。世界はカニエとリル・ウェインの音楽を同時に必要としているんだ」

カニエ・ウェストは『フェーダー』誌のオフィスを訪れた際、「自分でデザインし直し」て「ポジティヴなエネルギー」を注入したという「メイク・アメリカ・グレート・アゲイン」 と書かれた帽子と、 国歌斉唱への起立を拒否して現在はフリーとなっている元49ersのNFL選手コリン・キャパニックの名前が書かれたスウェットシャツを身につけている。

https://twitter.com/TeamKanyeDaily/status/1045353374831513600

一方、カニエ・ウェストは先日、性的暴行の容疑が書けられているラッパーのエイサップ・バリを擁護しているほか、生前にエックスエックスエックステンタシオンに手を差し伸べられなかったことへの後悔を明かしている。「(エイサップ・バリは)俺が被っていた自惚れた金持ちの黒人という殻を破ってくれたんだ」とカニエ・ウェストは語っている。

「バリは誰も俺に挑んでこなかったときに、俺に挑んできたわけでね。彼がトラブルに巻き込まれた時に、俺は彼の友人なんだって声を上げられなかったんだ。エックスエックスエックステンタシオンの時もそうだったんだけどさ。俺の女々しい部分なんだよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ