GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは、ザ・ビートルズのアルバム1枚をライヴで全編演奏する可能性について、「すごく制限されたものになる」として否定している。

ポール・マッカートニーは9月7日にソロ18作目となるニュー・アルバム『エジプト・ステーション』をリリースしており、『NME』とのインタヴューで同作や自身のこれまでのキャリアについて語っている。

ライヴでは自身の素晴らしいカタログの中から楽曲を選んで披露しているポール・マッカートニーだが、ザ・ビートルズ時代のアルバムのうち1枚を通しで演奏するという考えについては否定している。

インタヴュアーを務めた『NME』のダン・スタッブスから、ツアーでザ・ビートルズのアルバムを全編演奏しようと考えたことはあるかと訊かれると、ポール・マッカートニーは次のように答えている。「ないよ。クールなアイディアではあると思うけど、それをやるとなると、ちっともそそられないな。すごく制限されたものになってしまいそうだからね」

ポールマッカートニー は、自身ではそれをやろうとは思わないとしている一方で、他の人たちがやる分には奨励したいと語っている。

ポール・マッカートニーは次のように語っている。「それは他の人たちがやるようなことだと思うんだよね。うまくやってくれたら嬉しいよ。でも、僕にとっては、もしも1枚のアルバムをやって、観客が4万人もいるのに“Hey Jude”が入っていなかったとしたら、“Hey Jude”を歌いたくなってしまうと思うんだ。みんなを一つにしてくれる曲だからね」

ポール・マッカートニーは『NME』にニュー・アルバム『エジプト・ステーション』について語っている。

現地時間9月17日のケベック公演から新作を携えたツアーをスタートさせるポール・マッカートニーだが、まだ引退については考えたことがないという。

同じインタヴューの中で、ポール・マッカートニーはチャールズ・マンソンの影響で“Helter Skelter”をしばらくライヴで披露しなくなったことや、今も自身の新曲に対するジョン・レノンの反応を考えてしまう時があることについて明かしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ