GETTY

Photo: GETTY

スマッシング・パンプキンズは待望の復帰作『シャイニー・アンド・オー・ソー・ブライトvol.1:ノー・パスト. ノー・フューチャー. ノー・サン』をリリースすることを発表している。

結成メンバーであるビリー・コーガン、ジェイムス・イハ、ジミー・チェンバレンが参加した作品としては、2000年以来となる本作はスマッシング・パンプキンズの通算10作目となり、リック・ルービンによるプロデュースで、11月16日にナパーム・レコーズよりリリースされる。

バンドはカムバック・シングルとなった“Solara”に続いて、新曲“Silvery Sometimes (Ghosts)”も公開している。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

1. “Knights of Malta”
2. “Silvery Sometimes (Ghosts)”
3. “Travels”
4. “Solara”
5. “Alienation”
6. “Marchin’ On”
7. “With Sympathy”
8. “Seek And You Shall Destroy”

バンドの現在のラインナップは、ビリー・コーガン、ジェイムス・イハ、ジミー・チェンバレンに加え、長年のコラボレーターであるギタリストのジェフ・シュローダー、ピーター・フックの息子であるツアー・ベーシストのジャック・ベイツとなっている。

ビリー・コーガンは『マシーナ/ザ・マシーンズ・オブ・ゴッド』と『マシーナ Ⅱ/ザ・フレンズ&エネミーズ・オブ・モダン・ミュージック』のアルバム2枚を「当初想定されていた」形態で再発する計画があることを明かしている。

ビリー・コーガンは先日、インスタグラムのストーリーでファンとのQ&Aセッションを行っており、その中で『マシーナ』のアルバム2枚を一緒にリリースしたいと思っていることを明かしている。ビリー・コーガンは、スマッシング・パンプキンズが新たなボックスセットをリリースする予定はあるのかという質問に対して次のように答えている。「次は『マシーナ』のボックスセットだよ」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ