GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパは現地時間9月12日に行った上海公演で、ファンたちが強制的に退場させられたことを受けてステージ上で涙を浮かべていたという。

ソーシャル・メディア上に投稿された動画によると、ファンたちは警備員によって席から連行されている。目撃者によると、席から立って同性愛者支援の旗を振っていたファンたちが退場させられたという。

ある動画では上海の国家会展中心で行われたライヴで、デュア・リパのパフォーマンスの最中に強引に連れ出そうとする警備員に対してファンたちが抗議している様子が確認できるという。

デュア・リパはステージ上でこの件について言及した際、目に見えて狼狽していたという。

「みんなが楽しめるように、本当に安全な環境を作りたいわ」とデュア・リパはファンに語っている。「みんなに踊ってほしい。みんなに歌ってほしいの、みんなに本当にいい時間を過ごして欲しいだけよ」

彼女は次のように続けている。「あと残っているのは数曲なの。本当に、本当に、本当に楽しみましょう。どうかしら?」

「デュア・リパの上海公演では、デュア・リパと一緒にダンスしたい、ただそのためだけに立ち上がったファンたちが警備員によって退場させられた。当然、プライド・フラッグも警備員に取り上げられた。ひどい。デュアもステージで悲しんでいた」

別のファンたちはダンスしていたためにライヴ会場から退場させられたと主張している。

中国において同性愛は違法でないものの、LGBT団体は社会全体で広く許容されておらず、迫害の事実に直面していると報じられている。

この公演は現地時間9月11日に行われた広州公演に続いて中国ツアーの最後の公演であったという。

先週、デュア・リパはシルク・シティのディプロ、マーク・ロンソンとコラボした新曲“Electricity”をリリースしている。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ