GETTY

Photo: GETTY

ケイト・ブッシュは、現地時間8月25日に亡くなったパントマイム・アーティストでコリオグラファーのリンゼイ・ケンプに追悼の意を表している。

リンゼイ・ケンプは、ケイト・ブッシュが彼のキャリアの代表作である『フラワーズ』の舞台を観賞して以来、教師として彼女を指導していたことで知られている。また、リンゼイ・ケンプはデヴィッド・ボウイを指導していたことでも知られており、デヴィッド・ボウイは19歳の頃に彼のクラスに参加している。

ケイト・ブッシュは自身のウェブサイトに次のように綴っている。「世界は、真にオリジナルで偉大なる舞台アーティストを失いました。彼をパントマイム・アーティストと呼ぶことは、モーツァルトをピアニストと呼ぶようなものです。彼はとても勇敢で、楽しく、そして何よりも、驚くほどの刺激に満ちていました。リンゼイに近い人物など誰一人として存在していたかったのです」

「彼と勉強できたこと、一緒に仕事ができたこと、そして一緒の時間を過ごせたことをこの上なく幸運に感じています。私は彼が大好きでしたし、彼がいないことが本当に寂しいです。親愛なるリンゼイ、どうもありがとう」

ケイト・ブッシュのウェブサイトはこちらから。

http://www.katebush.com/news/message-lindsay

ケイト・ブッシュは1978年に楽曲“Moving”をリリースした際、同曲をリンゼイ・ケンプに捧げている。また、リンゼイ・ケンプはケイト・ブッシュからの依頼で、彼女によるショート・フィルム『ザ・ライン、ザ・クロス、ザ・カーヴ』に出演している。

その他、リンゼイ・ケンプは映画『ウィッカーマン』や『ヴェルヴェット・ゴールドマイン』にも出演している。

リンゼイ・ケンプの訃報を受けて、音楽業界やエンタテインメント業界からは追悼の声が寄せられている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ