GETTY

Photo: GETTY

ドナルド・トランプ大統領はカニエ・ウェストとキム・カーダシアンが黒人からの支持を獲得する手助けになっていると語ったという。

キム・カーダシアンは、現地時間5月30日にドナルド・トランプ大統領と刑務所改革について話し合いの場を持つためにホワイト・ハウスを訪れている。報道によれば、キム・カーダシアンはドナルド・トランプに対して服役中の62歳のアリス・マリー・ジョンソンの恩赦を求めたという。アリス・マリー・ジョンソンは非暴力的な麻薬犯罪の初犯で終身刑に服している。

一方、カニエ・ウェストも先月にトランプ大統領への支持を表明しており、トランプ大統領について「大好きだ」と発言したことで物議を醸している。カニエ・ウェストはまた、「メイク・アメリカ・グレート・アゲイン」と書かれた帽子を被った写真もツイッターに投稿している。カニエ・ウェストはその後、一連の発言を撤回して、トランプ大統領による発言の「半分は好きじゃない」とした上で、ラジオ司会者のシャーラメイン・ザ・ゴッドとのインタヴューでトランプ大統領を好きな理由について説明していた。

「ブルームバーグ」は今回、ドナルド・トランプ大統領がキム・カーダシアンに対して、カニエ・ウェストとキム・カーダシアンの夫妻が黒人からの注目度を高めてくれていると語ったと報じている。

ドナルド・トランプ大統領は現地時間5月4日にもカニエ・ウェストのツイッターに感謝している。全米ライフル協会の会合で彼は次のようにスピーチしている。「カニエ・ウェストは間違いなく力を持った人物だよ。みんなも見たかもしれないが、アフリカ系アメリカ人からの支持率が11%から22%に上昇したんだからね」

「ありがとう、カニエ。感謝するよ」とドナルド。トランプは続けている。「世論調査会社は何かの間違いだと思うかもしれないけどね。違うんだ、大きな進展を遂げたんだよ」

ドナルド・トランプのコメントは、「ロイター通信」による最新の世論調査で黒人男性からの支持率が22%だったとする調査結果に基づいている。その一方で、黒人男性からの不支持率は71%となっている。

一方、カニエ・ウェストは先日、最新作の『ye』がアップル・ミュージックとスポティファイのチャートで上位7曲を独占したことを受けてファンに感謝を述べている。カニエ・ウェストはアルバムがアップル・ミュージックとスポティファイのチャートを席巻したことについて、ツイッターで「とても幸せな気分だよ」と綴っている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ