NME exclusive

Photo: NME exclusive

ブライアン・イーノやロイシン・マーフィーらはパレスチナのベツレヘムにあるバンクシーのホテル「ウォールド・オフ・ホテル」のためにアルバムを制作している。

グラフィティー・アーティストのバンクシーは昨年、1917年にイギリスがパレスチナにユダヤ人の国家を建設することを認めた「バルフォア宣言」から100年を迎えることを受けてパレスチナとイスラエルを隔てる分離壁の目と鼻の先にホテルを開業している。ホテルは一般に開放されており、バンクシー、サム・ミサ、ドミニク・ペトリンが部屋のデザインを手がけている。

今回、分離壁への反対を示すため多くのアーティストやコラボレーターたちが結集して『ブロック・9・クリエイティヴ・リトリート・パレスチナ』を制作している。アルバムは今年の2月に、バンクシーの「ウォールド・オフ・ホテル」に参加者が集まってレコーディングされている。

アルバムのトラックリストは下記の通り。

1. Brian Eno With Trio Joubran – ‘Stones’
2. Mashrou Leila with Roisin Murphy – ‘Salam’
3. FRED Feat EBS – ‘Wisam Jam’
4. Akram Abdulfattah – ‘Cave’
5. The Black Madonna and Wassim Qassis – ‘Jerusalem Is A Mountain’
6. Block9 Music Dept – ‘Maqam Hijaz In Dub’ (feat Akram & EBS)
7. Sigsaly – ‘Bread And Concrete’

アルバムの音源はこちらから。

「理想としては人々がこの音楽を聴いて、『これはブライアン・イーノと(中東の撥弦楽器である)ウードのプレイヤーたちの音楽なのか。一体ウードって何?』ってなることです」とオーガナイザーのアリッサ・ニッチュンは「レジデント・アドヴァイザー」に語っている。「そういうわけで、これは人間の目を通して大きな物語を語るためのちょっとした入り口になるのです」

アルバムを企画した「ブロック・9」の共同設立者であるスティーヴ・ギャラガーは次のように語っている。「これは政治的なもので、受動的な傍観者としてではなく、行動を起こして世の中に参加するように促すものなんです。行動を起こしてくれっていうものなんですよ。参加するんだというね」

また、バンクシーは絵画作品が原因で3年の懲役を受けているトルコ人アーティストへの支持を表明する壁画をニューヨークで公開している。

トルコ人アーティストのゼラ・ドーガンは壊滅したトルコの都市を描いた絵画が原因で昨年収監されていた。

Sentenced to nearly three years in jail for painting a single picture. #FREEzehradogan

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 –

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ