GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは過去に家の近所で空き巣をした際にバスタブで排泄したことを認めている。

「サンデー・スポート」の報道によれば、ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの近所に住んでいたグラディス・トムリンソンは、1989年に家に帰ると「骨董品とビデオ・デッキ」が盗まれているのを発見したという。

そのうえ、犯人はバスタブの中に大便をしていたという。「常軌を逸しているわ」とグラディス・トムリンソンは語っている。「窃盗犯の一人があの昔のバスタブで大便をしていたのは確実よ」

この報道を受けて、ノエル・ギャラガーは記事の写真をインスタグラムに投稿し、キャプションに次のように綴っている。「こりゃ年貢の収め時だね。この件はリチャード・マデリーの家だと思ってたんだけどね。ごめんよ、グラディス。悪気はなかったんだ」

It's a fair cop guv'. We thought it was Richard Madely's gaff. Soz Gladys. No offence.

Noel Gallagherさん(@themightyi)がシェアした投稿 –

先日、英ITVの「ディス・モーニング」などに出演していたテレビ司会者のリチャード・マデリーもノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの強盗の被害に遭ったと語っていた。

「僕がマンチェスターに住んでいた頃、リアムと彼の兄たちはかなり近いところに住んでいてね」とリチャード・マデリーは「グッド・モーニング・ブリテン」で語っている。「彼らはキャリアの初期にちょっとした盗みを働いてたってことを話していたんだけどさ。ちょっとした強盗だっていうんだけど、彼らがやったのは僕の家だと思ってるんだ」

彼は次のように続けている。「彼らにそれについて話してみたことがあるんだ。もう何年も前の話だけど、2人に訊いてみたら、彼らはもう忘れているみたいだったけど、こう言ったんだ。『ああ、それをやったのは俺たちだと思うぜ。そう思うね。窓から入っていったんだよ』ってね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ