GETTY

Photo: GETTY

スマッシング・パンプキンズの「再結成」への期待が寄せられる中、ビリー・コーガンは新しいベーシストに関する噂に言及している。

ビリー・コーガンは先月、オリジナル・メンバーであるギタリストのジェイムス・イハとドラマーのジミー・チェンバレンと共にスタジオにいる写真を公開している。一方でベーシストのダーシー・レッキーは再結成に参加しないことを明らかにしているが、その後リークされた画像によって、バンドの後期でギタリストを務めていたジェフ・シュローダーが再結成のラインナップに参加することが明らかになっていた。

しかし、ビリー・コーガンはインスタグラムを通じて、ベースを手にするのはビリー・コーガン自身なのか、それともジェイムス・イハやジェフ・シュローダーなのかといった噂を一蹴している。今のところバンドが3人のギタリストを迎えることになるのは確実で、ベースの担当はセッション・プレイヤーになるであろうことを示唆している。

「なんて週末だろうね!」とビリー・コーガンは綴っている。「土曜日、僕はトパンガの丘の高いところにいて海を見下ろしていたんだ。素晴らしい晴天の日にね。そしたらいくつかの報道によって(撮影されたかリークされた写真を元にして)僕は今やベーシストになっているんだ。そう確かに、みんなが気に入っているような数多くの楽曲の中でベースを弾いてきたけど、ベースを弾けるかなんて分からないし、同時に歌いながらになるわけだからね。まあ、もしかすると“いつかは”やってみてもいいかもしれないけどね」

彼は次のように続けている。「他の報道によると、ジェフ・シュローダーが新進気鋭のベーシストになっている。興味深いね。必要となれば4弦を弾くことをジェフは嫌がったりしないだろうけどさ、だけど、僕は知ってるんだよ。彼は6弦の心地良い調べの方が断然好きだろうってことをね(だけど彼が7弦は『多すぎる』って告白していたのを聞いたことはあるよ)。一方でジェイムス・イハのことだけど、彼が『マシーナ』以来、ベースを持っていたのを見たことがないね(彼はあのアルバムで相応量の曲で弾いてたわけだけどさ。ある『亜麻色の髪のサクソン人』が演奏しているって報道では主張されているけどね。それにみんなわかっている通り、多くの曲を書いたなんていうのは明らかに間違っているよ)。そういうわけでトパンガの丘にいる自分の時間に戻って、ロングコートを着てまだ見ぬ未来を夢見ながら海を眺めることにするよ」

「知恵に従って、ここ最近何度も口にしていることを共有するよ。今ここにあれ。今を生きろ。つまり真理として過去というものは存在しない(だけど、それは君の心の中に棲みついている)。そして未来もまたそうであり、夢なんだ。だから、優しく誠実に、今日、自分が生きている人生を大切にするんだ。今日(“Today”)なんていうと僕がベースも弾いた曲を思い出させるけどね」

What a weekend! Saturday, I was high in the hills of Topanga, overlooking the ocean on a beautiful sunny day, and according to some reports (based on photos taken or leaked) I am now a bassist. I mean, yes, I have played bass on many of your fave songs but I'm not sure I can play bass AND sing at the same time? But perhaps I can try *someday*. Other reports have @jjjschroeder (who just celebrated a birthday) as a budding bassist. Which is interesting, because though Jeff doesn't mind plucking at 4 strings if needed I know he would much prefer the dulcet tones of 6 (but I have heard him confess that 7 strings is just 'too much') @jamesihaofficial on the other hand, well, I haven't seen him pick up a bass since Machina (which he played a fair share on, despite reports claiming a certain 'flaxen Saxxon' did; and as you know with much that is written is patently f-a-l-s-e). Which brings me back to my time in the hills of Topanga, dressed in a long coat, staring out into the ocean dreaming of a future not yet realized. Wisdom here dictates that I share something I have said many times as of late, which is: be here now, live in the present. There truly is no past (but that which lives in your mind), and the future too is but a dream. So kindly, truly, embrace the life you are living TODAY Which reminds me of a song that I also played bass on… #WPC #becarefulwhatyouwishfor (tattoo courtesy of @sir.cophagus

WilliamPatrickCorganさん(@williampcorgan)がシェアした投稿 –

リック・ルービンがスマッシング・パンプキンズのアルバムのプロデュースを手掛けていることが明らかになっていたが、ビリー・コーガンは26曲の楽曲に取り組んでいることも明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ