GETTY

Photo: GETTY

U2はマーヴィン・ゲイの名曲“What’s Going On”のカヴァー音源を公開している。

U2は先日、ニュー・アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』をリリースしているが、スポティファイの独占配信企画「シングルス」シリーズの一環として2曲の特別なライヴ・レコーディング音源を提供している。

1曲目は最新作からの“The Little Things That You Give Away”で、2曲目はマーヴィン・ゲイの1971年のヒット曲“What’s Going On”のカヴァーとなっている。

今回のセッションはロサンゼルスのネプチューン・ヴァレーで録音されている。

一方、ボノは2017年のお気に入りの音楽を明かしており、ジェイ・Zの“4:44”、チャンス・ザ・ラッパーの“First World Problems”のほか、アーケイド・ファイアの“Everything Now”についても高く評価している。

最近の音楽でインスピレーションを感じたアーティストを尋ねられると、エッジとボノはロイヤル・ブラッド、M83、ケイトラナダといった名前を挙げている。

新作『ソングス・オブ・エクスペリエンス』のダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ