Press / Alpha Pan

Photo: Press / Alpha Pan

スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンは、自身のソロ・アルバムからの楽曲を使った40分の映像を公開している。

ビリー・コーガンは本名のウィリアム・パトリック・コーガン名義で先日セカンド・ソロ・アルバム『オギララ』をリリースしている。アルバムはリック・ルービンがプロデュースを手掛けている。

「ピルボックス」と題された映像はリンダ・ストロベリーとビリー・コーガンが共同監督を務めており、これまでいくつかの都市で開催された小規模な上映会で公開されていた。

映像はこちらから。

最新作『オギララ』は2005年にリリースされたソロ・デビュー・アルバム『ザ・フューチャー・エンブレイス』以来のソロ・アルバムとなっている。デジタルでの配信では現在はアーティスト名がビリー・コーガンに戻っている。

アルバムのダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ