GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズは、先日亡くなったアレンジャーのポール・バックマスターに追悼の意を表明している。

グラミー賞受賞経験もあるアレンジャーのポール・バックマスターは、ガンズ・アンド・ローゼズの2008年のアルバム『チャイニーズ・デモクラシー』でオーケストラとアレンジを担当していたが、今週11月7日に71歳で亡くなっている。

ポール・バックマスターは『チャイニーズ・デモクラシー』の収録曲中、“Street Of Dreams”、“There Was A Time”、“Madagascar”、“Prostitute”でオーケストラと編曲を担当している。そのほかにも彼は、エルトン・ジョン、ザ・ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイといった数多くのアーティストとの仕事でもよく知られている。

彼の死を受け、アクセル・ローズは追悼の意を表明してツイッターで次のように綴っている。「ミスター・ポール・バックマスターが亡くなったと聞いてとても残念に思っている。彼と出会えたこと、そしてガンズ・アンド・ローゼズの作品に参加してくれたことをとても幸運に感じているよ。彼の友人、ファン、最愛の方々に心よりお悔やみ申し上げます」

ガンズ・アンド・ローゼズは2018年のダウンロード・フェスティバルにおける最後のヘッドライナーとして発表されている。

ガンズ・アンド・ローゼズは、来年の6月8日〜10日にドニントン・パークで開催されるダウンロード・フェスティバルの6月9日のヘッドライナーを務める予定となっている。

ガンズ・アンド・ローゼズはスラッシュ、ダフ・マッケイガン、アクセル・ローズのクラシック・ラインナップでの再結成を果たし、「ノット・イン・ディス・ライフタイム」ツアーを行っており、昨年の夏にはイギリスでのライヴを行っている。

今回、ガンズ・アンド・ローゼズは来年のダウンロード・フェスティバルにおける最後のヘッドライナーとして再びイギリスに戻ることが決定している。ダウンロード・フェスティバルは、先日オジー・オズボーンとアヴェンジド・セヴン・フォールドをヘッドライナーとして発表していた。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ