PRESS

Photo: PRESS

サム・スミスは復帰シングルとなった“Too Good at Goodbyes”のミュージック・ビデオを公開している。

先日、音源が公開された“Too Good at Goodbyes”だが、エモーショナルなミュージック・ビデオは失われたロマンスにサム・スミスや登場人物が思いを馳せるものになっている。

同曲は今年リリースが予定されているセカンド・アルバムからのファースト・シングルとなっている。

この曲についてサム・スミスは次のように語っている。「この曲は、僕のかつての恋愛関係がテーマになっていて、要するに、フラれることに慣れていくってことについて歌っているんだ。どのような形であれ、僕にとって新しい曲を世に出すのは本当に久しぶりだし、今回のシングルではこれから発表する作品の方向性が打ち出されていると思うよ」

“Too Good at Goodbyes”のミュージック・ビデオはこちらから。

サム・スミスは「Beats 1」のゼイン・ロウの番組のなかで、来たるアルバムが彼が恋愛から得た教訓に影響されたものとなっていると明かしている。

「みんな、この曲が僕についてのことで、僕が経験したことと見るんだろうけどさ。去年の恋愛で経験したことは僕をすごく強くしてくれて、いくつか教訓を学んだと思ってるんだ」

「アルバム全体が実際に僕のことというわけじゃないんだけど、4曲は僕自身のことで、それ以外は僕の人生における様々なことや様々な人々についてなんだよね。様々なことについて僕のいろんな考え方だよね。みんなにはぜひ戻ってきてほしいし、僕の声を通して、僕が見てきたものを語ることができればと思うよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ