GETTY

Photo: GETTY

クイーンのギタリストであるブライアン・メイは、フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』のために再現された伝説的なライヴ・エイドのステージ写真を公開している。

『ボヘミアン・ラプソディ』の制作については順調に進んでおり、先日、クイーンのメンバーを演じるすべてのキャストが明らかになっている。報道によれば、「ミスター・ロボット」で知られるラミ・マレックが主演のフレディー・マーキュリーを演じるのに加えて、『X-メン:アポカリプス』に出演していたベン・ハーディがドラマーのロジャー・テイラーを、『ツーリスト』に出演していたグウィリム・リーがブライアン・メイを、『ジュラシック・パーク』でティム役を演じたジョゼフ・マゼロがベーシストのジョン・ディーコンを演じるという。

そして今回、クイーンの伝説的なステージの一つとして知られる、1985年に出演したライヴ・エイドの歴史的なセットが映画のワン・シーンの中に含まれていることが示唆されている。

ブライアン・メイは「ライヴ・エイドのライヴが再び。ミラクルだね!」というキャプションと共にセットの写真を公開している。

https://twitter.com/DrBrianMay/status/902697289617158144

1985年にボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロの呼びかけでイギリスではウェンブリー・スタジアムで開催されたライヴ・エイドだが、クイーンが出演したイギリス会場には他にデヴィッド・ボウイやスタイル・カウンシル、スパンダー・バレエ、スティング、エルトン・ジョン、フィル・コリンズ、U2らが参加している。

今年7月に映画『ボヘミアン・ラプソディ』の詳細は発表されており、ブライアン・シンガーが指揮を執り、ライヴ・エイドでの伝説のパフォーマンスといった象徴的なシーンを「忠実に再現する」とされている。映画は来年2018年の公開が見込まれている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ