GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランは最新作『÷(ディバイド)』のデラックス・エディションより“Bibia Be Ye Ye”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Bibia Be Ye Ye”は、エド・シーランのツアーのオープニング・アクトも務めているフューズODGことナナ・リチャード・アビオナとのコラボレーションになっていて、曲名は彼が生まれ育ったガーナの方言となっている。

“Bibia Be Ye Ye”のミュージック・ビデオはこちらから。

『NME Japan』ではエド・シーランのO2アリーナ公演のライヴ・レヴューの掲載しています。

https://nme-jp.com/reviews/40783/

先日、リアム・ギャラガーはエド・シーランについて新たに称賛する見解を示している。

「あいつは才能があるよね。あいつのことはそんなに知らないけどさ。でも、才能はあるよな」とリアム・ギャラガーは「Beats1」のゼイン・ロウの番組の中で語っている。

リアム・ギャラガーはさらに、自分のことをエド・シーランと似た感じのアーティストだとは思わない理由を明らかにしている。「俺は自分のことをソングライターだとは思ってないんだ。自分のことを第一にシンガーだと思っている」と彼は説明している。「今でも気付かされるんだ。朝、目が覚めて鏡を見ると、ちょっぴりのパンクさとたくさんの魅力を備えたロックンロール・シンガーがそこにいるわけでさ。だから、俺は自分のことをエド・シーランやボブ・ディランみたいだとは考えていないんだよ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ