GETTY

Photo: GETTY

グレッグ・オールマンが亡くなった。享年69歳だった。

グレッグ・オールマンは1969年に兄弟のデュアン・オールマンとオールマン・ブラザーズ・バンドを結成したことで知られている。グレッグ・オールマンはバンドでヴォーカリスト兼キーボーディストを務め、アメリカでプラチナ・アルバムを記録した3枚の作品をリリースしている。1971年発表の『フィルモア・イースト・ライヴ』、1972年発表の『イート・ア・ピーチ』、1973年発表の『ブラザーズ&シスターズ』がプラチナ・アルバムを獲得している。

1947年12月8日にテネシー州ナッシュヴィルで生まれたグレッグ・オールマンは、デュアン・オールマンと共に母子家庭で育てられ、『ガーディアン』誌に「音楽はその多くは黒人から教えられたんだ。デイトナ・ビーチのクラブやサーフ・バー、パラダイスなんかでね」と語っている。

1969年にオールマン・ブラザーズ・バンドを結成すると、セルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースし、バンドはライヴ・アルバムやライヴ・アルバムですぐに名声を集め、“Ramblin’ Man”や“Midnight Rider”、“Jessica”といった楽曲を発表している。

しかし、1971年に『フィルモア・イースト・ライヴ』をリリースしてまもなく、デュアン・オールマンはバイク事故で24歳で亡くなっている。オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・ベーシストであるベリー・オークリーも翌年にバイク事故で24歳で亡くなっている。

オールマン・ブラザーズ・バンドはグレッグ・オールマンが亡くなったことについて声明を発表している。「深い悲しみと共にオールマン・ブラザーズ・バンドの結成メンバーであったグレッグ・オールマンがジョージア州サヴァンナの自宅で穏やかに亡くなりました」

「グレッグ・オールマンはここ数年間、たくさんの健康問題を抱えてきました。その間も彼は愛するファンのために、自身の魂のための必要な薬として、兄弟やソロ・バンドと共にツアーを行ってきました。音楽を演奏することが彼を鼓舞し、大変な時も彼を生き続けさせたのです」

オールマン・ブラザーズ・バンドの長年のマネージャーであり、親友であるマイケル・レーマンは次のように続けている。「私は親友を失い、世界は音楽界における素晴らしい先駆者を失いました。彼は最高の笑い声と共にやさしくあたたかい心の持ち主でした。彼の家族やバンドメンバーに対する愛は情熱的なもので、それは類稀なファンへの愛もそうでした。グレッグは途轍もないパートナーであり、親友でした。僕らは全員彼を惜しむことになるのでしょう」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ