GETTY

Photo: GETTY

ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンは現地時間3月4日にロサンゼルス国際空港でパパラッチとの「口論」のために逮捕されて、その後釈放されている。

ルイ・トムリンソンはこの日恋人のエレノア・カルダーと共にロサンゼルス国際空港に到着したが、その際、口論になったという。報道によれば、二人は休暇でラスヴェガスにいたという。

ロサンゼルス国際空港に到着した後、ルイ・トムリンソンはパパラッチに囲まれ、問題の行動によって一般人の申し出によって逮捕されている。

「パパラッチが彼を取り囲み、押し合いが起こって、一人のパパラッチが転んだのです。このパパラッチは一般人の申し出による逮捕にサインしました」とロサンゼルス警察の広報担当者は発表している。ルイ・トムリンソンは20000ドル(約228万円)の保釈金を払わなければならないと報じられたが、それを支払って自己誓約による保釈が認められたという。

ルイ・トムリンソンの弁護士であるマーティン・シンガーは、一連の事件とそれによる逮捕についての声明を発表し、パパラッチが恋人のエレノア・カルダーを「襲ってきた」と申し立てている。

「パパラッチが今朝空港で起きた口論を誘発し、その原因となったのです」と「バズフィード・ニュース」はその声明を紹介している。「パパラッチがセレブリティに対して口論を引き起こしたのはこれが初めてでも、最後でもありません。パパラッチとの口論が起こっている間、3人の人物が彼の恋人を襲ってきました。そして、彼は彼女を守ろうとしたのです」

BBCニュースは警察の記録によってこの事件の裁判が3月29日に予定されていることを報じている。

ルイ・トムリンソンは昨年12月にスティーヴ・アオキとのソロ・デビュー曲“Just Hold On”を発表している。

※公開後、内容を修正しました。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ