PRESS

Photo: PRESS

自己破壊的芸術を標榜していたアーティストのグスタフ・メッツガーが亡くなった。享年90歳だった。

グスタフ・メッツガーの広報担当者であるエリカ・ボルトンは彼がロンドンの自宅で現地時間3月1日に亡くなったと発表している。

1926年にドイツのニュルンベルクで生まれたグスタフ・メッツガーは、1939年にナチス政権下のドイツから「キンダートランスポート」によってイギリスへと移住しており、彼の家族のほとんどはホロコーストによって亡くなっている。

ケンブリッジ、ロンドン、アントワープ、オックスフォードでアートを学んだ彼は1959年に自己破壊的芸術というマニフェストを掲げている。彼は自己破壊的芸術について資本主義や消費者主義に対する「破壊による土壇場での決死の政治的対抗手段」と評しており、創造と破壊を融合するものだった。

彼はイーリング・アート・カレッジの教鞭もとっており、その生徒の一人だったザ・フーのピート・タウンゼントはステージ上でギターを壊すパフォーマンスは、グスタフ・メッツガーのコンセプトからの影響だったと明かしている。

グスタフ・メッツガーはオノ・ヨーコとの親交も知られており、訃報を受けて「グスタフ、あなたの知性とエネルギーは忘れられることはないでしょう。愛してるわ、ヨーコ」とオノ・ヨーコはツイートしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ