GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイの70歳の誕生日である現地時間1月8日、ロンドンのO2ブリクストン・アカデミーで特別追悼コンサートが行われ、友人にして俳優のゲイリー・オールドマンを初め、多くの著名人が参加している。

「セレブレイティング・デヴィッド・ボウイ・ウィズ・ゲイリー・オールドマン&フレンズ」と題された特別追悼コンサートには、過去にデヴィッド・ボウイのツアーでサポート・バンドを務めたミュージシャンのほか、ラ・ルーやキーンのトム・チャップリン、デュラン・デュランのサイモン・ル・ボン、スパンダー・バレエのメンバーらが参加している。

追悼パフォーマンスではロンドン・コミュニティ・ゴスペル・クワイアやオーケストラの演奏をバックに、ギタリストのアール・スリック、元キング・クリムゾンのフロントマンで過去にデヴィッド・ボウイのツアーにも帯同したエイドリアン・ブリュー、キーボーディストのマーク・ガーソン、ベーシストのゲイル・アン・ドロシーら、オールスター・キャストとも言えるデヴィッド・ボウイの歴代のコラボレーターたちがバックバンドを務め、デフ・レパードのフロントマンであるジョー・エリオットやマー・ハドソンをフロントマンとして”Space Oddity”や”Young Americans”をパフォーマンスしている。

ゲイリー・オールドマンによる”Dead Man Walking”の感動的なオープニングでコンサートは幕を開け、ラ・ルーは”Golden Years”を、トム・チャップリンは”Life on Mars”を歌い、デュラン・デュランのフロントマンであるサイモン・ル・ボンは”Let’s Dance”をパフォーマンスし、エイドリアン・ブリューは主に70年代の楽曲をパフォーマンスしている。また、アンジェロ・ムーアは”Ziggy Stardust”を”Nigga Stardust”として披露し、グラミー賞受賞シンガーのギャビー・モレノは激情的なボーカルによる”Five Years”のパフォーマンスを行い、デフ・レパードのフロントマンであるジョー・エリオットは”All The Young Dudes”をパーソナルかつ生き生きと披露している。ジョー・エリオットはパフォーマンスの前に「これは敬虔な体験なんだ。みんなを教会に連れていくよ」と語りかけている。

「デヴィッド、彼のことを感じるのです」とキーボーディストのマーク・ガーソンはライヴ終盤に語っている。「彼は私たちみんなの人生に、僕らが思っていた以上の影響を与えてくれたのです」

この日のセットリストは以下の通り。

‘Dead Man Walking’ – Gary Oldman
‘Rebel Rebel’ – Bernard Fowler
‘Sorrow’ – Gary Oldman and Joe Sumner
‘Five Years’ – Gaby Moreno
‘Golden Years’ – La Roux
‘Lady Grinning Soul’ – Holly Palmer
‘The Man Who Sold The World’ – Jeremy Little and Gary Oldman
‘Diamond Dogs’ – Bernard Fowler
‘Life On Mars’ – Tom Chaplin
‘Wild Is The Wind’ – Gaby Moreno
‘Young Americans’ – Gail Ann Dorsey & The London Community Gospel Choir
‘Ashes To Ashes’ – Angelo Moore
‘Win’ – Bernard Fowler & The London Community Gospel Choir
‘All The Young Dudes’ – Joe Elliot & The London Community Gospel Choir
‘Fame’ – Adrian Belew
‘Fashion’ – Alex Painter
‘Sound And Vision’ – Adrian Belew
‘Changes’ – Tony Hadley
‘Where Are We Now’ – Holly Palmer
‘Stay’ – Bernard Fowler
‘Aladdin Sane’ – Gail Ann Dorsey
‘Space Oddity’ – Gain Ann Dorsey
‘Starman’ – Mr Hudson
‘D.J.’/’Boys Keep Swining’ – Adrian Belew
‘Ziggy Stardust’ – Angelo Moore
‘Moonage Daydream’ – Angelo Moore
‘Suffragette City’ – Joe Elliot
‘Heroes’ – Bernard Fowler
ENCORE:
‘Loving The Alien’ – Catherine Russell
‘Let’s Dance’ – Simon Le Bon & The London Community Gospel Choir
‘Under Pressure’ – Joe Sumner, Catherine Russell & The London Community Gospel Choir

観客が撮影したこの日の模様はこちらから。

The music lives on…. #celebratingdavidbowie #adrianbelew #fame #brixtonacademy #partthree

Chris Barryさん(@leddygee)が投稿した動画 –

Perfect song to close with. #underpressure #celebratingdavidbowie #davidbowie #brixtonacademy #london

Jamieさん(@bushleaguer)が投稿した動画 –

特別追悼コンサートの今後のツアー日程は下記の通り。

New York Terminal 5 (10)
Los Angeles The Wiltern (25)
Sydney Opera House (29)
Tokyo Dome City Hall (February 2)

また、先週末にはデヴィッド・ボウイの最後のレコーディング作品を収録したEPがリリースされ、”No Plan”のミュージック・ビデオが公開されている。

”No Plan”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ