GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイは現地時間11月11日にロンドンのパラディアムで行ったライヴでレナード・コーエンに追悼の意を表明し、フロントマンのクリス・マーティンは一人でレナード・コーエンの“Suzanne”のカヴァーを披露している。

レナード・コーエンは11月7日に逝去しており、日本時間11月11日に公表されている。レナード・コーエンの息子であるアダム・コーエンは、米『ローリング・ストーン』誌に対して父親は「自身の最高傑作の一枚を完成させたという思いと共に」安らかな眠りにつき、「持ち前の独特のユーモアで最後の瞬間まで言葉を書き留めていた」と明かしている。

「コンシークエンス・オブ・サウンド」によれば、クリス・マーティンは11月11日の公演のアンコールで亡くなったレナード・コーエンに追悼の意を表明し、レナード・コーエンのデビュー・シングルである“Suzanne”のカヴァーを披露している。クリス・マーティンはギターの弾き語りで同曲を披露し、カヴァーの最後で「その素晴らしい楽曲に対してレナード・コーエン氏に愛を贈るよ。あなたは僕の人生を変えてくれたんだ」と語ったという。

その模様はこちらから。

クリス・マーティンの他にも、アーケイド・ファイアのウィン・バトラーも追悼の意を表明しており、「21歳の僕はレナード・コーエンが(モントリオールの)サン・ローラン通りを歩いているのを見かけて、僕にも家があるんだって思えたんだ」とツイートしている。

ミュージシャンらによる追悼のコメントはこちらから。

https://nme-jp.com/news/29310/

https://nme-jp.com/news/29250/

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ