JESS BAUMUNG/NME

Photo: JESS BAUMUNG/NME

ザ・エックス・エックスは新作からのティーザーと見られる謎の音源を公開している。

ザ・エックス・エックスは先日、アルバムのレコーディング中にスタジオで聴いていた楽曲のプレイリストを公開している。そこにはヴェルヴェット・アンダーグラウンド、アレサ・フランクリン、ソランジュ、ザ・キュアー、レディオヘッド、シーアといったアーティストの楽曲が挙げられている。

今回、そのプレイリストが更新され、クレジットのない55秒のインストゥルメンタル・トラックが追加されている。この音源についてはザ・エックス・エックスの作品と思われるサウンドとなっている。

ザ・エックス・エックスは11月から12月にかけてヨーロッパと日本で行うツアー日程を発表している。バンドはファンに送ったメールのなかで「新曲をいくつか、頻繁には行けない場所で試してみる」ものになるとしている。これらのライヴはバンドにとって約3年ぶりのものとなる。

現在発表されているツアー日程は以下の通り。

NOVEMBER 2016
28 Zagreb, Croatia – Bocarski Dom
29 Prague, Czech Republic – Forum Karlin
30 Poznan, Poland – Hala Nr 2 MTP
DECEMBER 2016
01 Warsaw, Poland – Nowy Teatr
03 Vilnius, Lithuania – Compensa Arena
06 Tokyo, Japan – Toyosu PIT
MARCH 2017
23 Bogota, Colombia – Festival Estereo Picnic
24 Bogota, Colombia – Festival Estereo Picnic
25 Bogota, Colombia – Festival Estereo Picnic
25 Sao Paulo, Brazil – Lollapalooza
26 Sao Paulo, Brazil – Lollapalooza
31 San Isidro, Argentina – Lollapalooza
APRIL 2017
01 San Isidro, Argentina – Lollapalooza
01 Santiago, Chile – Lollapalooza
02 Santiago, Chile – Lollapalooza

ザ・エックス・エックスは昨年「スタジオに籠もっていた」ことを明かしている。また、2012年発表の『コエグジスト』に続く新作は「完全に違う」ものになるとしている。バンドはテキサスとアイスランドでロディ・マクドナルドをプロデューサーに迎えてレコーディングを行っている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ