GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランが今年のノーベル文学賞を受賞し、「偉大なるアメリカの楽曲の伝統のなかで新たな詩的表現を生み出した」と讃えられている。

現在75歳のボブ・ディランだが、アメリカ合衆国では259人目のノーベル賞受賞者となっている。ノーベル文学賞は「文学の分野で理想的な方向性のなか最も目覚ましい作品」を生み出した個人に与えられる。

『ガーディアン』紙はノーベル賞を決定するスウェーデン・アカデミーの事務官、サラ・ダニルスがボブ・ディランについて「偉大なお手本」であり、「54年にわたって文学において自身を再発明してきた」と語った発言を報じている。

名作『ブロンド・オン・ブロンド』について彼女は次のように語っている。「韻を踏んで、リフレインをまとめ上げるその素晴らしいやり方や、彼の思考の素晴らしい在り方の、類まれなるお手本です」

「大昔にまで目を向ければ、ホメーロスやサッポーがいます。彼らは読み上げるためにその詩的な文章を書いていました。ボブ・ディランも同じことです。我々は今もホメーロスやサッポーを読み、それを楽しんでいます」

今までにノーベル文学賞の受賞者には、アリス・マンロー、ハロルド・ピンター、ドリス・レッシング、J・M・クッツェー、トニ・モリスン、シェイマス・ヒーニーらがいる。

また、昨年のノーベル文学賞はベラルーシのジャーナリスト、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチが受賞している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ