PRESS

Photo: PRESS

コールドプレイは自身のツアーのサポート・アクトを務めるアレッシア・カーラにいたずらをされている。

カナダ出身のアレッシア・カーラはコールドプレイの全米ツアーのオープニング・アクトを務めており、バンドにいたずらをする動画が公開されている。

この映像はコールドプレイのフェイスブックで公開されたもので、バンドがドラム・ライザーの周りを調べていたところ、くまのぬいぐるみに隠れていたアレッシア・カーラがバンドを驚かすというものになっている。

コールドプレイは「“一時期の終わり”が間違いなく始まった」と綴っており、「4ヶ月に及ぶ『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』のツアーを経て、オープニングのアレッシア・カーラがサウンドチェックの前にメンバーにプレゼントを置いていったんだ」と続けている。

サプライズの映像はこちらから。

コールドプレイは先週亡くなった米俳優のジーン・ワイルダーに追悼の意を表し、彼が映画『夢のチョコレート工場』の中で歌った”Pure Imagination”のカヴァーを披露している。

1971年公開の『夢のチョコレート工場』の中で、ジーン・ワイルダーはウィリー・ウォンカ役を演じ、金色のチケットを手に入れた子供たちと親が、彼の秘密のチョコレート工場のお菓子の世界に初めて足を踏み入れたシーンでこの曲を歌っている。

コールドプレイはデンヴァーのペプシ・センターでのライヴで、このジーン・ワイルダーの最も象徴的な楽曲をアコースティック・セットで披露している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ