PRESS

Photo: PRESS

現地時間4月21日にペイズリー・パーク・ホームの自宅で警察によって亡くなっていることが発見されたプリンスについて、ドラッグのオーヴァードーズの治療を受けていたのではないかと報じられている。

プリンスは4月15日に健康上の問題からプライベート・ジェットをイリノイ州モリーンのクワッド・シティ国際空港に緊急着陸させており、その後、病院で3時間ほど治療を受けたことが報じられている。当初、プリンスの関係者はインフルエンザの症状があったとゴシップ・サイト「TMZ」に語っていたが、「TMZ」は新たにドラッグの治療を受けていた可能性を報じている。

「TMZ」によれば、プリンスはこの緊急着陸の治療の際、いわゆるドラッグの効果を中和させる「セイヴ・ショット」を受けていたと報じられている。

医師は一晩病院にいることを進めたが、プリンスの強い希望によって自宅に帰ることになったという。

プリンスの死についてプリンスの広報担当者であるイベット・ノエル・シュレーは、次のような声明を出している。「今朝、ペイズリー・パークの敷地内で、本名プリンス・ロジャー・ネルソンが57歳で亡くなったことについての、深い悲しみを表明します。現時点で死因については更なる詳細はありません」

検死作業は現地時間4月23日にミネソタ州ラムジーのミッドウェスト検視局で行われる予定で、プリンスの遺体は既に移されていることが明らかになっている。

プリンスを追悼する動きは広まっており、オバマ大統領が追悼のコメントを発表したほか、ミック・ジャガー、ポール・マッカートニー、マドンナ、ケイティ・ペリーらが追悼の意を表している。

オバマ大統領の追悼コメントはこちらから。

https://nme-jp.com/news/18631/

ミック・ジャガーの追悼コメントはこちらから。
https://nme-jp.com/news/18642/

マドンナやケイティ・ペリーらの追悼コメントはこちらから。

https://nme-jp.com/news/18644/

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターの追悼コメントはこちらから。

https://nme-jp.com/news/18665/

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ