Photo: GETTY

ニール・ヤングとキッスのジーン・シモンズはイーロン・マスクが反ユダヤ主義的な陰謀論を支持していると見られたことから旧ツイッターのXを止めることを発表している。

ジーン・シモンズはソーシャル・メディアを去る理由を明確にはしなかったが、イーロン・マスクが「グレート・リプレイスメント」理論としても知られるユダヤ人コミュニティが「白人に対する憎悪」を向けてきたとする反ユダヤ主義的な陰謀論に同意したからだと見られている。

イーロン・マスクはこうした主張をする投稿に「あなたは本当の真実を言った」とツイートしていた。

ジーン・シモンズは旧ツイッターのXを止めることについて一言次のように述べている。「友人たちよ、X/ツイッターで投稿することを止めることにした」

ニール・ヤングも自身のウェブサイトでX/ツイッターを去ることを発表している。「管轄しているすべてのXを止めます。地球上で最も裕福な男には明白なはずの理由で、彼の会社に対してこの行動を取ります」

掲載されたイーロン・マスクの写真の上には「テスラは憎悪ではなく、愛の旗を掲げるべきです」という言葉が載せられている。

メッセージは次のように続いている。「パレスチナの多くの友人、ユダヤ人の多くの友人のために今こそやり直して、過去とのひどい繋がりを手放す必要があります。悪いだけに忘れられれば、自由に全人類が人生を共に進み、未来の世代のために地球を守ることに集中することができます」

イーロン・マスクのツイートについてホワイト・ハウスも言及しており、スポークスパーソンは陰謀論を支持していると見られることについて「容認できない」と述べている。

「私たちは反ユダヤ主義的で人種差別的な憎悪を助長するこの忌まわしい行為を最も強い言葉で非難します」とホワイト・ハウスのスポークスパーソンであるアンドリュー・ベイツは述べている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ