Photo: GETTY

メルヴィンズのフロントマンであるバズ・オズボーンはニルヴァーナのカート・コバーンをアルバム『フーディーニ』のプロデューサーから解雇した時のことを振り返っている。

カート・コバーンは1993年発表のアルバム『フーディーニ』をプロデュースすることになったが、制作の途中で外れることになっている。バズ・オズボーンはカート・コバーンがアルバムの全曲を書こうとしたから解雇されることになったという長年の噂を否定している。

バズ・オズボーンはカート・コバーンの依存症の問題で解雇することになったと『ラウドワイアー』のインタヴューで語っている。「僕らが彼に辞めてもらったのは彼がめちゃくちゃな状態でアルバムを仕上げられなかったからなんだ」

バズ・オズボーンは物別れになることになった決定的な瞬間はあったのかと訊かれて、次のように語っている。「ああ、そういうことが実際にあった。彼はあるセッションに姿を現さなかったんだ。それで明白になった」

バズ・オズボーンはカート・コバーンの能力を「判断した」わけではなく、「うまくいきそうになかった」と続けている。「ニルヴァーナのマネージャーだったダニー・ゴールドバーグのアトランティックのオフィスに行って、このことを言ったんだ。でも、彼は覚えてないふりをするんだよね。クレイジーだよ」

バズ・オズボーンは2009年の時点でこの件について『ザ・ストレンジャー』に対して次のように語っていた。「残念ながらカート・コバーンはプロデュースする気分じゃなかったんだ。レコーディング・セッションをやったんだけど、アトランティックのA&Rのところに行って、『もう彼とはレコーディングできない。彼をクビにすることにするよ』と言ったんだ。自分の知る限り、カートはできる限りのことをやってくれたよ。でも、それで終わりだったんだ」

バズ・オズボーンは時が流れ、その後の心境を振り返りながら、次のように語っている。「あの一件ではいろんなつらい思いをすることになった。いいことは一つもなかった。あの状況ではいい雰囲気もいいシナリオもなかったんだ。ハッピーエンディングではなかったんだよ」

カート・コバーンは『フーディーニ』がリリースされてから1年が経たないうちに自殺しており、アルバムには共同プロデュースでクレジットされている。

ニルヴァーナは『イン・ユーテロ』の30周年記念盤がリリースされることが決定している。アルバムは未発表音源53トラックを含む全72トラックが収録されたスーパー・デラックス・エディションを含む複数のフォーマットで再発されることが決定している。

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ