GETTY

Photo: GETTY

ミューズのフロントマンであるマシュー・ベラミーはブリンク182のトム・デロングに宇宙人探しに誘われたと明かしている。

アイハートラジオの「アルター・エゴ」のバックステージでミューズはトム・デロングと「宇宙人を巡る状況」について「深く掘り下げた」ことはあるかと尋ねられている。

ベーシストのクリス・ウォルステンホルムとドラマーのドミニク・ハワードは笑っているが、マシュー・ベラミーは次のように答えている。「あるよ。トム・デロングとは深く話をしたんだ」

「彼と一緒にいたことがあるんだけど、彼にはいろいろ訊いたよ。不思議な宇宙人のものをまとめた倉庫がラスベガスにあるみたいでね。いつか連れて行ってくれる予定なんだ。お願いしているんだけど、会う度に『今週はダメなんだ。来週かな』と言われるんだ」

「『ぜひ、連れて行ってくれ』と言うんだけどね。彼は事実とは思えないような突飛な考えの持ち主なんだよ」

インタヴュアーのテッド・ストライカーはトム・デロングが元々公開した映像が2020年にペンタゴンによって公開されたことに言及して、トム・デロングが「政府を動かした」ことに触れている。2019年9月、アメリカ海軍はアメリカの領空を侵犯する「未確認飛行物体」の存在を正式に発表している。

「考えさせられる話だよね。好きなんだ」とマシュー・ベラミーは語っている。「宇宙人を探すために政府にロビー活動をするのはありだと思うよ。どこかにいるに違いないと思うからね」

2017年のインタヴューでマシュー・ベラミーは宇宙人に誘拐された「かもしれない」と語っていた。

昨年、トム・デロングはブリンク182に復帰することが明らかになっており、シングル“Edging”がリリースされている。「これまで作った中でも最高のブリンク182のアルバム」だという新作のリリース日については発表されていないものの、3月から大規模なワールド・ツアーを行うことが決定している。

一方、ミューズは2月から北米ツアーを行うことが決定しており、スペシャル・ゲストとしてエヴァネッセンスが出演するほか、サポート・アクトとしてONE OK ROCKとハイリー・サスペクトが出演することも決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ