PRESS

Photo: PRESS

ザ・スペシャルズのテリー・ホールは葬儀が執り行われたことが明らかになっている。

12月19日、ザ・スペシャルズはテリー・ホールが「短い闘病」の末に享年63歳で亡くなったことを発表している。その後、ベーシストのホレス・パンターはテリー・ホールについて膵臓ガンが肝臓まで転移していたことを明らかにしている。

先月初旬、テリー・ホールは「体重を大幅に落として」「とても弱っていた」とのことで、現地時間12月18日の夜に亡くなっている。

『コンタクト・ミュージック』の報道によれば、テリー・ホールの葬儀は現地時間1月3日にロンドン北西部にあるゴールダーズ・グリーン火葬場で執り行われたという。葬儀にはザ・シャーラタンズのティム・バージェスやオーシャン・カラー・シーンのスティーヴ・クラドックらが出席している。『デイリー・メール』紙によれば、数十人の出席者がロンドンの2階建てバスで到着する場面もあったという。

テリー・ホールの訃報を受けて、デーモン・アルバーン、スリーフォード・モッズ、ビリー・ブラッグ、ザ・リバティーンズ、ニュー・オーダー、ロウェッタ、元ザ・キュアーのローレンス・トルハーストらが追悼の意を表している。

元ザ・スペシャルズのネヴィル・ステイプルは訃報を受けて次のように述べている。「テリー・ホールが元気ではないことは知っていましたが、最近までここまで深刻だとは分かっていませんでした。分かっていたのは2023年に一緒に音楽をやろうと同意していたことでした」

また、テリー・ホールの地元のサッカー・クラブであるコヴェントリー・シティ・フットボール・クラブは試合のヴィジョンでテリー・ホールに追悼の意を表している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ