GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは学校の授業に参加して10歳や11歳の質問に答えている。

クレイグ・チャールズが司会を務めるBBCサウンズの番組に出演したコリィ・テイラーはアメリカの小学校5年生からの質問に答えている。

1曲の中で拍子が変わるスリップノットの曲はあるかと訊かれてコリィ・テイラーは次のように答えている。「“Vermillion”は3拍子から4拍子に行ったり来たりする曲なんだ。3拍子から7拍子へと変わるセクションもあって、変わっているんだよね」

「この曲はどちらにでも行けるリフのある曲で、だから行ったり来たりできるんだよ」

別の生徒はどうやってミュージシャンになったのかを尋ねており、コリィ・テイラーは次のように答えている。「10歳ぐらいの時に歌ったことからすべては始まったんだ。そして、ギターを手にとってみたら、聴いていた曲にある音を見つけることができることが分かった。それで、ピッチと呼ばれるものが何か分かったんだよ」

「完璧な音程ではなかったけれど、近い感じで歌えるようになって、ギターの弾き方を独学で学んで、曲を書けるようになった。人を集めてジャムしたりダンスしたりして楽しんだりした。あとは御存知の通りだよ。でも、すべては歌うのが好きなこと、自分の好きな曲に合わせて歌うのが大好きなことから始まったんだ」

影響を受けたものについてコリィ・テイラーは次のように語っている。「ああ、すべてから影響を受けているんだ。人生全般から最大の影響を受けている。正しい目であたりを見回せば、どんなことからでも刺激をもらうことができるんだ。音楽の素晴らしいところは無限であることなんだ。音楽には終わりがない。必要なのは始まりだけなんだ」

番組の音源はこちらから。

https://www.bbc.co.uk/sounds/play/m001c3zj

この企画はノースダコタ州の教師であるリシャ・アレンが音楽の拍子の授業でヘヴィ・メタルを聴いていると語った生徒とのやりとりをTikTokにアップしたことから始まっている。

リシャ・アレンは当時のことを次のように振り返っている。「少し緊張していました。彼と親しくなりたかったからです。彼はこの時まで音楽の授業も好きじゃなかったですし、私にも懐いていませんでした。なので、彼の音楽を尊重することで彼と近づく手助けとなったのです」

スリップノットは9月30日に通算7作目となる最新作『ジ・エンド、ソー・ファー』をリリースしている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ