GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランとカミラ・カベロは3月29日にバーミンガムのリゾート・ワールド・アリーナで行われる「コンサート・フォー・ウクライナ」に出演することが発表されている。

「コンサート・フォー・ウクライナ」にはエミリー・サンデー、グレゴリー・ポーター、スノウ・パトロールらが出演することも決定しており、今後数日間で更なる出演者が発表される予定となっている。

このコンサートはITVで放送されることが決定しており、災害緊急委員会のウクライナ人道支援に寄付を募るものとなっている。

300万ポンドを超える放映収入も災害緊急委員会のウクライナ人道支援に寄付される。

コンサートのチケットは現地時間3月22日に発売される。

カミラ・カベロはウクライナ紛争について次のように述べている。「ウクライナの人々のために心を痛めています。ウクライナ人難民が世界各地の難民に加わる中で、私たち全員が責任を負っているのです。最も必要とされていることの一つは直接そうしたコミュニティを支援できる機関に資金を募ることです。このことにできるだけ早く注力しているのです」

エミリー・サンデーは次のように続けている。「家を追われたすべての人々を助けるために、人種的差別を受けた人々に結束するために私は歌うつもりです。誰しもが安全に国境を越えて移動する権利や支援にアクセスするのに拒絶されてはいけません。紛争の影響を受けた人々を救う災害緊急委員会を支える機会を持てたことが嬉しいです」

アーケイド・ファイア、パティ・スミス、フランツ・フェルディナンドもウクライナ紛争のための寄付を募る公演を行っており、ロンドンのシェパーズ・ブッシュ・エンパイアでは「ア・ナイト・フォー・ウクライナ」も開催される。

また、マッシヴ・アタックはウクライナ紛争の被害者を援助するために新たなアートワークを売りに出している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ