GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストはソーシャル・メディアで元妻のキム・カーダシアンに嫌がらせをしているという申し立てに対して「伝聞」だと法廷で述べている。

先週、キム・カーダシアンは事前に合意した契約により離婚を早めるよう申し立てていた。彼女は裁判所に次のように述べている。「裁判所が婚姻関係を終了させれば、カニエ・ウェストが婚姻関係が終わったことを受け入れる手助けとなり、有効的に共同親権を持つためのいい道へと進むことになるでしょう」

キム・カーダシアンは現在の交際相手であるピート・デヴィッドソンに対してカニエ・ウェストが「あのイカレ野郎を見てくれ」といったソーシャル・メディアへの投稿に言及している。

「私は離婚を望んでいます。カニエ・ウェストに離婚を公にしないように求めていましたが、彼はそうしませんでした。カニエ・ウェストは共同親権やプライベートな家族の事柄に関しても多くの誤解を与え、それが精神的苦痛を生み出しています」

現地時間2月25日、カニエ・ウェストは弁護士を通して次のように述べている。「キム・カーダシアンはカニエ・ウェストが書いたとされる投稿をオンラインで読んでいますが、そうした投稿が誤解を与えていると宣告で述べています」

「ソーシャル・メディアの投稿は宣告に値しません」と述べ、カニエ・ウェストは申し立てについて「伝聞」だと述べている。

「キム・カーダシアンはソーシャル・メディアへの投稿を証拠にして、それがカニエ・ウェストに書かれたものであることを示す必要がありました」とカニエ・ウェストの弁護士は続けている。

キム・カーダシアンがかつて合意したと述べている婚前契約についてもカニエ・ウェストは意義を申し立てている。「2002年1月1日以降のカリフォルニア州における婚前契約はおそらく無効になるでしょう」

「裁判で反証されるか、当事者が合意に達するまで、とりあえずの無効は続きます。今はまだ初期段階で、裁定は下されていません」

先日、カニエ・ウェストは元妻であるキム・カーダシアンに関する最近のコメントについて「説明責任を果たして、コミュニケーションを取っていきたい」と述べている。

「すべて大文字の投稿は叫んでいるように見えることを学びました」とカニエ・ウェストは最近すべて大文字の投稿が続いていることに言及している。「コミュニケーションに取り組んでいます」と彼は続けている。

「クリエイティヴ面でのプロフェッショナル、モバイルの専門家、コミュニティのリーダーから様々なことを教えてもらっています。支えてくれるすべての人に感謝します。スクリーンショットを共有することは神経に障るもので、キムへの嫌がらせのように受け取られることも分かりました。説明責任を果たしていきます。リアルタイムで学んでいる最中です。すべての答えが分かっているわけではありません。よきリーダーになることはよき聴き手になることなのです」

カニエ・ウェストとキム・カーダシアンは約7年の結婚生活を経て2021年に離婚を申し立てており、「友好的」なものだと述べている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ