Edward Cooke

Photo: Edward Cooke

フォールズは来たる新作よりニュー・シングル“2am”が公開されている。

“2am”はフォールズのニュー・アルバム『ライフ・イズ・ユアーズ』に収録される楽曲で、昨年のシングル“Wake Me Up”に続くものとなっている。

フロントマンのヤニス・フィリッパケスは新曲について次のように語っている。「音楽的に“2am”は自分たちが書いた曲でも最もポップな曲の一つなんだ」

「この曲は破壊的な行動を繰り返すサイクルについて歌ったもので、多くの人が共感できると思うし、自分が苦労してきたものを表現したものでもある。アップビートな音楽に乗せて表現するカタルシスによって解決への希望や解放感が生まれるんだ」

“2am”の音源はこちらから。

新作のリリース日はまだ発表されていないものの、声明では次のように述べられている。「2020年冬の抑圧されたロックダウンの時期に南ロンドンのリハーサル・スペースでアルバムの曲を書き始めました」

「逃避への思いから極めて自然と曲を書くことに引き寄せられました。推進力のあるエネルギー、太陽を浴びたメロディー、時間的にも空間的にも移動をテーマにした歌詞がありました。それは閉塞感からの脱出だけでなく、ライヴでの共同体的なスリルが再び現実のものとなる未来への窓を開くものでした」

アルバムからは全10曲のトラックリストも公開されている。

昨年、通算7作目のアルバムについてヤニス・フィリッパケスは「ダンス・アルバム」になると語っている。

「必ずしもファンクのベースラインがあるわけじゃなくて、違ったメディアがあるんだけどさ。でも、来年リリースされることになる曲はパーティーについて考えること、外出してパーティーすることから生まれた曲なんだ。アルバムはビーチに連れて行ってくれるんだよ。今回は今起こっていることへのアンチテーゼなんだ。紙吹雪のキャノンと手を宙に挙げるヴァイブがあるんだよ」

フォールズは4月からUKでツアーを行う予定となっており、ロンドンのオール・ポインツ・イースト・フェスティバルではヘッドライナーを務めることが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ