Claude Gassian

Photo: Claude Gassian

キース・リチャーズはセカンド・ソロ・アルバム『メイン・オフェンダー〜主犯〜』の30周年記念盤をリリースすることを発表している。

1992年10月にリリースされた『メイン・オフェンダー~主犯~』は1988年発表のソロ・デビュー・アルバム『トーク・イズ・チープ』に続く作品となっている。

『メイン・オフェンダー~主犯~』はキース・リチャーズ、スティーヴ・ジョーダン、ワディ・ワクテルがプロデュースしており、スティーヴ・ジョーダンは最新のザ・ローリング・ストーンズの北米ツアーでドラマーを務めている。これらの公演はチャーリー・ワッツの死後初となるライヴとなっている。

『メイン・オフェンダー~主犯~』のスペシャル・デラックス・ボックス・セットはBMGより3月18日にリリースされることが決定している。リイシューは様々な形態で行われる。

再発盤にはケンティッシュ・タウンのタウン&カントリー・クラブで行われた「ワイノーズ・ライヴ・イン・ロンドン ‘92」のパフォーマンスから未発表音源も含む全12曲が収録される。

リイシューの発表に際して“How I Wish”のライヴ音源が今回公開されている。

加えてボックス・セットには未公開の写真や手書きの歌詞の複製、アルバムを発売した当時のエッセイ等を収めた88ページにおよぶブックレットと、当時のプロモーションやツアー・グッズの完全なレプリカを封入したアーカイヴ特典が同梱される。

キース・リチャーズは次のように述べている。「これで二度目になるが、ワイノーズはある意味まだ発展途上にある。ずっと彼らと一緒に活動できたら、きっと世界でも有数のバンドに成長するだろう。本当に魅力のあるバンドで、その可能性はまだ見え始めたばかりだ」

「もしもワイノーズをツアーに連れて行かなかったら、このレコードはおそらくまったく異なったものになっていただろう」

彼は次のように続けている。「このアルバムで気をつけたのは、あまり説明をしすぎないことだった。おれにとっては、そういった曖昧さや謎めいたものや、人の心に刺さるちょっとした挑発は、人差し指を振りながら『そうだ、彼はこれをするな、あれをやれ、と言っているんだ』などと口にするよりはるかにパワフルで重要なことだからだ」

「ミュージシャンなら、沈黙がキャンバスで、そのすべてを塗り潰したいとは思わないだろう。そんなことをしたら、何もかも覆ってしまうことになる……。音楽でとりわけ面白いのは、演奏をしない箇所だ」

『メイン・オフェンダー~主犯~』の再発盤は当時のプロデューサーでエクスペンシヴ・ワイノーズのメンバーでもあるスティーヴ・ジョーダンがリマスターを手掛けており、ライヴ・アルバムのミックスとプロデュースも担当している。

キース・リチャーズは今月チャリティのためにギターを基にしたNFTをオークションに出すことも発表されている。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:キース・リチャーズ /KEITH RICHARDS
タイトル:『Main Offender』(30周年記念エディション)
発売日:BMGより2022年3月18日発売
販売:ワーナーミュージックジャパン
『Main Offender』収録曲
1. 999
2. Wicked As It Seems
3. Eileen
4. Words Of Wonder
5. Yap Yap
6. Bodytalks
7. Hate It When You Leave
8. Runnin’ Too Deep
9. Will But You Won’t
10. Demon

『Winos Live In London ‘92』収録曲
1. Take It So Hard
2. 999
3. Wicked As It Seems
4. How I Wish
5. Gimme Shelter
6. Hate It When You Leave
7. Before They Make Me Run
8. Eileen
9. Will But You Won’t
10. Bodytalks
11. Happy
12. Whip It Up

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ