Matthew Salacuse

Photo: Matthew Salacuse

フィニアスは宝石泥棒を演じる“The Kids Are All Dying”のミュージック・ビデオが公開されている。

“The Kids Are All Dying”は昨年10月にリリースされたフィニアスのデビュー・アルバム『オプティミスト』に収録されている。

フィリップ・アンデルマンが監督した“The Kids Are All Dying”のミュージック・ビデオはフィニアスが宝石店を襲撃して、宝石のディスプレイを外して黒のバックパックに宝石を入れるものとなっている。2つの指輪、ブレスレット、ネックレスを身に着けた彼は壁に$マークによるスマイルをスプレーで描いている。

“The Kids Are All Dying”のミュージック・ビデオはこちらから。

「混沌とした不確実な時代を生きているとしても、人間としての体験は愛やセックス、楽しさ、趣味、アドベンチャーが排除されるものではないんだ」とフィニアスは“The Kids Are All Dying”についてプレス・リリースで語っている。「恋をしていると、ラヴ・ソングを書くことになる。脳とはそういうものなんだ」

フィニアスは妹のビリー・アイリッシュと共に映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』に提供した主題歌“No Time To Die”でゴールデン・グローブ賞の主題歌賞を受賞している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ