GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストロークスは延期されていた大晦日の公演の振替日程を発表しており、マック・デマルコとハインズがサポート・アクトとして出演する。

ザ・ストロークスはアイドルズとハインズと共に2021年12月31日にブルックリンのバークレイズ・センターで公演を行う予定だったが、オミクロン株の感染拡大を受けて延期されていた。今回、アイドルズがマック・デマルコに代わる形で4月6日に同会場で公演が行われることが決定している。

すべてのチケットは振替公演でも有効となる。振替公演に行けない人は2022年2月10日まで購入した場所で払い戻しが受け付けられる。

ザ・シャーラタンズ、スーパーグラス、サム・フェンダー、ポール・ウェラー、コールドプレイ、LCDサウンドシステムらはオミクロン株の感染拡大を受けて公演を中止している。ザ・ストリーツは2022年のツアー全体を中止している。

一方、ザ・ストロークスは来年のベスト・ケプト・シークレットに出演することが決定している。ネザーランドで開催されるベスト・ケプト・シークレットにはニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ、アルト・ジェイらが出演する。

ザ・ストロークスは来年の夏にUKで公演を行うことが決定しており、ランカシャーで開催されるリザム・フェスティバルとTRNSMTでヘッドライナーを務めることが決定している。ザ・ストロークスはバルセロナのプリマヴェーラ・サウンドとベルリンのテンペルホーフ・サウンズにも出演する予定となっている。

ザ・ストロークスはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのスタジアム・ツアーでサポート・アクトを務めることも決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ