GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストロークスは新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大を受けて大晦日にブルックリンのバークレイズ・センターで予定されていた公演を延期している。

ザ・ストロークスはニューヨークで12月31日に公演を行う予定となっており、アイドルズとハインズがサポート・アクトとして出演予定だった。しかし、ニューヨークでオミクロン株が感染拡大していることを受けて公演は延期されている。

「なんと言うか……公演を延期することになったんだ」とザ・ストロークスはツイートしている。「大晦日にブルックリンでみんなのためにパフォーマンスを行うのを楽しみにしていたんだ。でも、オミクロン株によってそのプランは阻止されることになった。バークレイズ・センター公演を延期することに決めたんだ」

ツイートは次のように続けられている。「すべてのチケットは振替公演でも有効です。新しい日程が発表される時に払い戻しの詳細も発表されます」

「みんなには健康で安全でいてほしいし、みんなと新年を祝えるのを楽しみにしているよ。当初の計画より少し遅くなるだけだよ」

チケット購入者は新しい日程で行けない場合、払い戻しすることができる。

ニューヨーク州では現地時間12月25日に36,454人の新規感染者を記録している。

ニューヨーク州は12月16日に21,027人の新規感染者を記録して、2021年1月14日以来最高となる新規感染者を記録していた。

ザ・シャーラタンズ、スーパーグラス、サム・フェンダー、ポール・ウェラー、コールドプレイ、LCDサウンドシステムは新型コロナウイルスを理由に公演を中止ないしは延期している。ザ・ストリーツは2022年のツアー全体を中止している。

一方、ザ・ストロークスは来年のベスト・ケプト・シークレットに出演することが決定している。ネザーランドで開催されるベスト・ケプト・シークレットにはニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ、アルト・ジェイらが出演する。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ