GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンは過去のカタログの権利をソニー・ミュージックに売却する交渉をしていると報じられている。

米『ビルボード』誌によれば、ブルース・スプリングスティーンとソニー・ミュージックの契約はほぼ完了しているという。ブルース・スプリングスティーンは楽曲の出版権も売却すると見られている。

ブルース・スプリングスティーンは出版の権利と音源の権利を3億5000万ドルで売却しようとしているという。

ソニー・ミュージック傘下のコロンビア・レコーズに所属しているブルース・スプリングスティーンはニール・ダイアモンド、ボブ・ディランマイケル・ジャクソンといった他のソニー所属のアーティスト同様、過去に自身の音源の権利を買い戻していた。

ボブ・ディランも先日、自身の音楽の権利を売却しており、ユニバーサル・ミュージック・グループに3億ドルで売却している。

ブルース・スプリングスティーンは1973年から2020年までの間に20枚のスタジオ・アルバムをリリースしており、昨年は1500万ドルの収入を上げていると試算されている。加えて出版権では年750万ドルの収入を上げていると見られている。

ブルース・スプリングスティーンはこの報道について現時点でコメントしていない。

ブルース・スプリングスティーンは10月25日に『ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア』で“The River”のソロ・パフォーマンスを披露している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ