GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは“A Day In The Life”に関する見解が変わったようで、有名な一節について新たな見解を述べている。

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されている“A Day In The Life”についてポール・マッカートニーは以前「車の中でキマった」ドラッグをやった政治家について書いた曲だと説明していた。一方、ジョン・レノンはそうではなく、1966年に自動車事故で亡くなったギネスの相続者だったタラ・ブラウンについての曲だったと述べている。

しかし、『テレグラフ』紙によれば、ポール・マッカートニーは新刊の『ザ・リリックス:1956トゥ・ザ・プレゼント(原題)』であれは友人だったタラ・ブラウンのことだったと述べているという。また、これまでジョン・レノンが書いたと思われてきたこの一節を自分が書いたと述べている。

ポール・マッカートニーは1997年に刊行された自伝『メニー・イヤーズ・フロム・ナウ』では“A Day In The Life”で取り上げたのはタラ・ブラウンではないと述べていた。

彼は当時「タラ・ブラウンのことを書いたと言われているけど、自分はそんなことはないと思う。自分が頭の中で想像していたのはドラッグをキメた政治家が信号で止まって、信号が変わったのに気づかなかったということなんだ」と述べている。

『ザ・リリックス:1956トゥ・ザ・プレゼント』は「自伝に近いもの」と評されており、154曲を通してその物語を伝えるものとなっている。本書は書店ウォーターストーンズの選ぶブック・オブ・ザ・イヤーの最終候補に残っている。

一方、イギリスの財務大臣であるリシ・スナックは10月27日に発表された予算でリヴァプールにザ・ビートルズの新たなアトラクションを展開することを発表している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ