Baillie Walsh

Photo: Baillie Walsh

ABBAは1970年代の全盛期に母国のスウェーデンでは進歩的な音楽の「敵」と見られていたと語っている。

先日、ABBAは11月5日にリリースするニュー・アルバム『ヴォヤージ』と「革新的な」ロンドン公演のために再結成することを発表している。ABBAは全世界的な成功を収めたが、母国の多くの人々はそれに満足していなかったという。

「スウェーデンでは音楽における進歩的なムーヴメントがあってね。僕らはその敵だったんだ」とビヨルン・ウルヴァースは『ガーディアン』紙の新たなインタヴューで振り返っている。

「個人的にはそういうことに関心を向けなかったね。もし嫌われたとしても、どうでもよかったからね」と彼は続けている。「それに全世界からの反応があったからね。始めた時から僕らのやっていることを気に入ってくれた仲間やミュージシャンがいたんだ」

ABBAは来たるニュー・アルバムより先日、新曲“Just A Notion”が公開されている。

“I Still Have Faith In You”と“Don’t Shut Me Down”に続くシングルの“Just A Notion”は1978年にレコーディングされたものの、アルバム『 ヴーレ・ヴー』に収録されなかった楽曲を基にしている。

ABBAは2022年5月27日よりテクノロジーを駆使したデジタルによるライヴがロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークに独自に建造されたアリーナで行われることが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ