PRESS

Photo: PRESS

ビリー・アイリッシュはアメリカのテレビ番組で“Happier Than Ever”を披露した映像が公開されている。

このパフォーマンスはハリウッドのルーズヴェルト・ホテルの屋上で行われたもので、『ジミー・キンメル・ライヴ!』で放送されている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

先日、ビリー・アイリッシュはオースティン・シティ・リミッツ2021のヘッドライナーのステージでテキサス州で新たに発効した中絶法を批判している。

ライヴの中でビリー・アイリッシュは次のように語っている。「あんな法律ができたから、この公演をやりたくないとさえ思いかけた。あんなことを許している場所に罰を与えたいと思ってしまった」

「でも、その後でみんなこそが犠牲者だということを思い出したの。みんなは何物にも代えがたい存在で、あんなことは止めさせるように言わなくちゃいけない」

ビリー・アイリッシュは中指を立てて、観客にもそうするように促して「自分の身体だし、自分の選択よ」と宣言している。ステージのスクリーンには中絶医療に安全にアクセスできることを提唱する全国運動の標語「Bans Off Our Bodies(禁止令を自分たちの身体に及ばせるな)」が表示されている。

上院法案SB8は胎児の心臓の動きが検出されて以降の中絶を禁じるもので、心臓の動きが検出されるのはおよそ妊娠6週目とされていて、これは多くの女性が妊娠を自覚する前と考えられている。この法案はレイプや近親相姦の被害者も例外とならず、中絶を提供している医師や中絶を推進している人を市民が訴えることを可能にするものとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ