GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはマンチェスターとグラスゴーで大規模公演を行うことを発表している。

リアム・ギャラガーは2022年6月1日にマンチェスターのエティハド・スタジアムで、2022年6月26日にグラスゴーのハムデン・パークで公演を行うことを発表している。これは新作『カモン・ユー・ノウ』を引っ提げたものとなっている。

「フットボールのイギリス・チャンピオンであるマンチェスター・シティのホームで6月1日に故郷でライヴができるのがものすごく誇らしいよ」と彼はツイートしている。

「そして、6月26日にかの有名なハムデン・パークでライヴをやるのが待ちきれないね」

リアム・ギャラガーがこれらの会場でライヴを行うのはオアシスで2005年に行ったスタジアム・ツアー以来となる。マンチェスター公演にはザ・ストリーツが出演し、グラスゴー公演にはカサビアンが出演し、ゴート・ガールは両公演に出演する。

リアム・ギャラガーは6月3日と6月4日にネブワース・パークで公演を行うことが発表されており、両公演ソールド・アウトとなっている。リアム・ギャラガーは「その応援と愛には驚かされている」とツイートしている。

ソロ・サード・アルバム『カモン・ユー・ノウ』は2022年5月27日にリリースされる。

リアム・ギャラガーは“Better Days”と“I Wish I Had More Power”という曲が新作に収録されることを明かしており、“I Wish I Had More Power”はノエル・ギャラガーに捧げた曲だと語っている。

リアム・ギャラガーは今夏のレディング&リーズ・フェスティバル、ワイト島フェスティバル、TRNSMTといったフェスティバルでヘッドライナーを務めており、ロンドンでは国民保険サービスの医療従事者向けに無料ライヴも行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ